山から帰ってきたら、腕と顔がかぶれてました。

彼「まぁた虫刺されかな~」

一生懸命ムヒ塗ってたのですが、翌日になると首まで真っ赤に!
しかも虫刺されとは思えないほどの肌荒れ具合。

私「もしかして、汗疹じゃない?汗いっぱい掻いたんでしょ?」

彼は(-ω-)う~ん・・・と唸ってひたすらムヒを塗ります。
痒みは治まるみたいですが、どうも赤みが引いていきません。

その後、少し不安になってきたのか職場の医務室に行ってきたようす。

そしたら痒みの原因は「うるし」だと言われたらしいです。
きっと山篭りしてたときに「うるし」でも触ったんでしょう。その手で顔やら首やらを触ったのかもしれません。

受診した日は、帰宅するなり即行で入浴して、使っていたフェイスタオルなんかを洗濯機にイン。

彼「えり緒は痒いとこない!?俺の触った物とか全部洗濯しよう!」

今頃洗濯したって、もう充分いろんなところ触ってるわ(笑)
髪の毛だって刈ってあげたし、取っ組み合いの丸秘ノート死守戦もしたし…。

とりあえず貰ってきた薬を塗って一晩たつと・・・・

なんと!あんなに赤みがあった肌が落ち着いてきたではありませんか!
鮫肌っぽかった皮膚も滑らかに戻ってきました。

いやぁ、医務室ってすごいなぁ。
職場内に医務室あるって羨ましい。

あと赤みが引いてきたら、職場の人に「また痩せたね」って言われたらしいです。
同じもの食べて一向に痩せない私は一体どうしたら良いのか(笑)