昨日ランニングしてきました。
ちゃんと準備運動もして、日焼け止めも塗って、3キロくらい先の公園目指してスタートしました。

久しぶりに走るものだからペース配分が全然わからなくて、ちょっと無理しすぎたかもしれません。

彼「ペース速かったら言ってね」

私「……すでに速いよ(´Д`)」

彼がゆっくり目に走ってくれたのですが、すでにそのスピードについていけない状態(笑)
ぜぇぜぇ言いながらなんとか1キロくらいは走れました。

私「もうだめ、むり、ちょっと歩かせて」

彼「えり緒、ゴールの公園まではまだまだだよ(´∀`;)」

私「無理なものは無理ー!歩く!」

というわけで、そうそうに走るのを止めて歩きました。
1キロしか走ってないのに、物凄い汗がでてきます。

しばらく歩いたら、今度は先にある十字路まで走ろうかと言われ、泣く泣く走りました。

十字路、結構遠いんですけどね…。

彼「諦めるな、頑張れ!すぐそこじゃないか!」

私「ありがとう。でも、松岡修造はやめて下さい。暑苦しいです」

フラフラになりながらもなんとか十字路まで到着。
ここから公園まで微妙に坂道なんですよね(-ω-;)

彼「さ、残りちょっとだよ!がんばろう!」

私「ええ?どこがちょっとなの!?もう限界!」

いや、ホントもう、心臓は痛いし、息は苦しいし、汗だくだし、もう歩いてるだけで奇跡です。

彼「大丈夫。人間、本当に限界が来たときは、喋れないし、汗引くし、目がうつろになるから」

怖いよ。実際に体験でもしたのかい?

じゃぁ「限界」の演技をしてみようと、無口になって目を細めてたら彼に叩かれました。

私「いやだぁ!もう走れない!むりむりむり!」

彼「えり緒は痩せたいんじゃなかったの?」

私「痩せたいけど、命の危険を感じます!」

熱中症になったらどうしてくれるんだ(笑)
目の前チカチカしてくるし、フラフラで真っ直ぐあるくのがやっとだし、初日からこんな飛ばせないよ。

彼「じゃぁ最後、公園の入り口見えてきたから、あそこまで走るよ!」

私「…が、がんばります(´Д`;)」

そしてようやく公園にゴール!
自販機で命の水(アクエリ)を買ってしばし休憩。

女の子の日だったので取り替えようとトイレに入ったら、汗で下着までビショ濡れでした。
そして鏡を見たら、日焼け止め塗ったはずなのに、頬と鼻が赤くなってました(´;ω;`)

さて、休憩も終り、帰り道をまた走ります。
が、どうも体が重くてちっとも走れません。50メートルくらい走っては歩き、彼に煽られ、また走り、すぐ歩きの繰り返しです。

ようやく出発地点に戻ってきたときには、開始からすでに2時間経過。

彼「あれ、おかしいな。もうちょっと早く帰ってくる予定だったんだけどw」

彼のジョークに突っ込む気力もなく、私は部屋に帰りました。

部屋に入ったら、まっさきに麦茶ガブ飲み!
そして上から下までビショビショだったので冷水シャワー浴びました。

お風呂上りに体重どうなったかなと計ってみたら…

出発前より500g減でした。これってたぶん、ほとんど水分なんだよね。
公園で500mlのアクエリを飲み干して、さらに帰宅して麦茶ガブ飲みしたのに500g減ですよ。

物凄い量の汗掻いたんだなぁと思いました。
熱中症って、ノドが乾いたと思ったときは遅い、って何かで読んだけど、ほんとそのとおり。
びっくりするぐらい人って汗掻いてるんですね。

その後、汗が引いてさっぱりしたところで食事を取りました。
ご飯炊いてなかったので、夏野菜たっぷり乗せた「ひやむぎ」と、きゅうりの玉ねぎソース和えを食べました。

あとデザートにスイカもwww

さぁ、そんなわけで本日のBMIは!
———————
本日の
BMI値:21.76
———————
0.05増えた(´∀`;)
ご飯食べ過ぎたかしら…

でもいい!だって頑張ったから!

そして1日経った今日はとても筋肉痛です!
階段の上り下りするたびに、生まれたての小鹿ちゃんです!