仕事の引継ぎは新しい人がきてくれて順調に進んでいます。
あと1週間と少し頑張ればやっと退職という流れに…。

お腹の調子もとくに問題なく、つわりも終わり食欲全開。
ただいま妊娠5ヶ月です。

頑固な便秘と、たまにズッキーンとくる下腹部の痛みが心配だったので検診のときに相談してみました。

「先生、便秘が酷くて1週間に1回なんです」

「それは大変ですね、では便を柔らかくする薬を出しましょう」

頑固な便秘は見事にスルっと解消されました。
でも薬飲まないとまた便秘に…。

「先生、最近下腹部のあたりが生理痛のときみたいに痛むのですが」

「それでは検査をしてみましょう」

というわけで、検査して結果が問題無しであれば電話無しで、問題があればすぐに連絡しますとのことでした。

検査から2日後…。

「えり緒さん、検査の結果ですが、至急治療した方がいいので早めに病院きてください」

ええ、もう、びっくり。
詳しい結果は病院でとのことだったので、病院に行くまですごい不安になりました。
仕事が引継ぎ中なので簡単に抜け出せないと分かってはいましたが、やっぱりお腹の子が第一なので半休もらって病院へ。

「検査の結果、中の雑菌の数値が通常より高く炎症ぎみでしたので、お薬で雑菌を抑えて炎症を治します。」

赤ちゃんに異常が無いことと、薬で治るんだということでホっとしました。
後で薬名と症状でネットで調べたところ、この炎症が広がって子宮内や卵巣まで進んでしまうと早産になる場合もあるそうです。

「シャワー浴びた後など清潔にした上で、寝る前に薬を使用してください」

「先生、夕食後とかじゃないんですか?」

「できるだけ寝る前のほうがいいです。流れ出る可能性があるので」

この話をしていたとき、てっきり飲み薬だと思っていたので「流れ出る」と聞いて、そんなにすぐオシッコとかいかないよ~(笑)
と思っていたのですが、あとから看護婦さんに薬の説明を聞いてびっくり。

自分で下から中に入れる薬でしたorz

しかも、「奥までしっかりと指で押し入れて下さい」と説明書に書いてあった。

今までそういう薬は見たことも聞いたことも無かったから、思春期にやった子宮がん検診くらいショックでたまりませんでした。

で、お風呂あがりに薬を入れて、寝るまでベッド歩いていると…

「あ!出ちゃう!」

という感じで、なんか薬が溶けて下がってくるのがわかるんですよね(´ω`;)
すんごい気持ち悪いです…。
これを10日間やって、次の検診までに治っていれば問題なしだそう。

そういえば妊娠してから、おりものの量と色が変だなぁと思うときはあったのですが、本を見ると「妊娠するとおりものが増えます」とか書いてあるから心配してなかったのですが、あれが兆候だったのかなぁ…。

そして彼は、最近ポッコリ出てきた私のお腹を見て「太ったねぇ」とからかいます。
5ヶ月すぎたら赤ちゃんは音に反応するらしいので、お腹に話しかけるといいらしいということを教えると、「おーい、元気かい?早く生まれておいで~^^」と話しかけるようになりました。

私の体は本で見るより、乳も腹も数週の割に早くに目立っているようです。
こればっかりは個人差だよなぁと…ぽっこり出たお腹をさすっては彼に「太りすぎるなよ~^^」とからかわれます。