娘は今9ヶ月になったばかりですが、いろんなところで伝い歩きして転びます。

とくに顏をぶつけて良く青タン作ってます。

先日ついに口の中を切ってしまい、大泣きしながら私の服に血まみれの口をゴシゴシ( ;´Д`)

あまりの泣き声と血の量に動転してしまって、

「病院かしら!?歯医者かしら!?救急かしら!?」

と、あたふた(^_^;)

心配だったので、#8000に電話して相談した結果、泣き止んでなら大丈夫とのこと。

電話してるあいだに泣き止んでた娘。
とりあえずホッとする私。

そこでハッと気付きました。

オッパイが滲みてきてる!
服を巡ってみると、フニャフニャのオッパイにもかかわらず、ポタポタとオッパイが滴り落ちたじゃありませんか!

わ~、これが差し乳というやつか!

泣き声に反応してオッパイが生産されたようです。

口の中切ってるからオッパイ飲めるか心配でしたが、娘は腫れた口でゴクゴク飲んでくれました。

こんな体験初めてだったので、改めて母乳って不思議だなぁと感じました。

ちなみに、娘のタラコ唇は翌日には治ってました。
赤ちゃんの回復力ってすごいよね~