こちらの駐屯地に転勤になり、やっと1年が経とうとしています。
わたしは後から追いかけてきたので、7か月ですが。

というわけで、初めてこっちの駐屯地記念祭に行ってきました。

今回は彼は勤務に当たっていなかったので、一日中ず~っと一緒に歩いてくれました。

官舎を出て車で駐屯地へ向かうと、何やら長蛇の列がズラ~リ!!
ええ!?なにこれ!?こんなに人集まるの!?と、びっくりしましたよ。

普段グランドになってる広場も、びっしりと車が詰められていて、さらに近くのバス停にはバスから降りてきた人が自衛官に誘導されながら列へ向かっているじゃありませんか。

さすが規模の大きな駐屯地は違うな~と一人で感心する私。

一般開放までまだ30分ほど時間があったので、先頭で並んでる人は門の前で待ってました。

そんな人たちを後目に、私は家族同伴ということで彼の運転する車にのって駐屯地へIN!(笑)

自衛官の家族はこんな感じで一般の人より先に中に入れるんですよ~!
ちょっとお得ですね(^^)

娘をベビーカーにのせて、駐屯地内をガラガラ移動。
彼の働く隊舎に寄って、出勤の連絡と小隊長へご挨拶をしてきました。

娘、小隊長の顔を見て大泣きするという失礼極まりないことをする(笑)

他にも、結婚したばっかりの若い夫婦とか、同じくらいの赤ちゃん連れた奥さんとあいさつしたりとか、普段滅多に顔見せできないので挨拶の嵐。
(私の住んでる官舎は、なぜか同じ部隊の人がいないのです)

一般開放が始まって、駐屯地の中にも大きなカメラを持った人たちがウロウロし始めましたので、私達も家族で駐屯地記念日を満喫してくることに。

展示物で戦車がたくさん飾ってあったので、彼に娘を抱っこしてもらい、戦車の前で写真を撮りました。
なかなか良い記念になりましたね。

話題の10式戦車が展示してあったのですが、その周りはまさに記者会見のごとしカメラの嵐!
老若男女、マニアの方々が多かったですね。
あと、おじいさん達が昔の装備品とかの前であれこれ話をしていたのを見て、なんか、ほんわりした気持ちになりました。

そして、駐屯地記念日といえば、観閲行進や模擬訓練ですよね。
駐屯地がデカければ、閲覧行進の規模もデカいという…

かけめぐる車両の数がものすごかったです。

比較的近くで車両が走る様子を見れたのですが、娘、戦車が走る轟音で笑うくせに、トラックが走った音で泣くという(笑)

そのあとの模擬訓練も見たかったのですが、大きな音がなるし娘も疲れてきた様子だったので授乳室でおっぱい飲ませて休憩をしました。

おっぱい飲ませてる間に聞こえる大砲とヘリの音にワクワクする私。
子供がいなかったら絶対見てるんだよな~と思いつつ、まぁ仕方ないかと諦めました。

そのあとは厚生センターの食堂で「闇カレー」的なご飯を食べにいきましたよ。

ご飯の下に「コロッケ」やら「チキンフライ」やらが入っていて、その上から大量のカレーを盛り付けた、超特盛カレー
600円。
すごいボリュームなのに安いことに驚き。

娘がベビーカーに乗って機嫌がいい内に、いっきに食べましたよ。
母親になってから早食いが得意になった私…

そのあとも、展示品や模擬店など、一通り駐屯地内を巡って帰りました。
とにかく駐屯地内が広くて広くて、ほんと疲れましたよ(笑)

ちなみに、彼が割り当てられている駐車場から、彼の隊舎まで歩いて5分もかかります。
こりゃ遅刻ギリギリに出勤したときは大変だなぁと思った次第です。

帰宅すると娘は珍しくすぐに昼寝。
おんぶ紐もおっぱいもいらない昼寝なんて久しぶりです。

よっぽど疲れたんでしょうね。私も疲れましたが、なかなか楽しい思い出になりました。
来年は娘も歩けるようになってるから、もっと楽しめるんだろうなぁと楽しみですね。