自衛官の引っ越しシーズンは毎年3月末と7月末ですよね。

4月異動なら、1月くらいに転勤の打診が出ている人もいるかと思います。

ブログを整理してたら転勤が決まって引っ越し作業してたのが懐かしくなったので、当時忙しくてかけなかったことを振り返ってみようと思います。

 

引っ越し業者は3社に見積もりさせた

我が家は官舎から官舎への引っ越しでしたが、引っ越し業者3社に見積もりを取りに来てもらいました。

  • サカイ引越センター
  • アート引越センター
  • 地元密着型の引っ越し屋

 

見積もり時にいろいろ粗品を貰い、最終的にはサカイ引越センターを使ったんですよ。

引っ越しスケジュールに合わせてくれたから。

我が家の場合、引っ越しスケジュールというのが非常に重要だったんです。

なぜなら…新しい官舎が決まったのが、転属一週間前だったから!(参照『色々不安になってきた』)

しかも、こちら側の仕事の関係上、搬入日が一日ズレることになりましたが、なんとかしてくれました!

繁忙期だからトラックの手配とかいろいろ大変のようですが、最終的にちゃんと引っ越しできましたよ。

 

転勤による引っ越しって手当でるの?

転勤すると引っ越し手当が出るとか、でないとか、ネットで色々言われてますよね。

調べたところ、60km以上の異動を伴う人は引っ越し手当が出るみたいです。

ちなみに我が家は800kmくらいの超広域移動だったので引っ越し手当みたいなものが後日支給されました。

—————————–

【我が家の引っ越し費用】

引っ越しセンター費用:約26万

官舎撤去費用:約11万

—————————–

これに対し支給された引っ越し手当が、約28万円でした。

…赤字じゃん(笑)っていうね。

官舎の撤去費用はどうしても自腹になっちゃうので、仕方ないですね~。

 

転勤の内示が来たら真っ先に見積もりした方が良いです。

早い人だと1月の打診があって「転勤?OK!OK!」っていうスタンスなら、1月末の時点で引っ越しセンターに見積もりさせる人もいるようです。

しかし、ギリギリになって転勤の話が無くなったりする場合もあるので要注意。

我が家も一時「転勤か!?いや違うのか!?」という時期があり振り回されました。

遅くても転勤の1か月前くらいには見積もりさせた方が安心ですね。

3月、7月の繁忙期は価格はともかく、トラックを押さえるのが大変ですから。

 

■見積もり依頼が面倒な方は、下記のような「引越し見積もりサイト」で一気にどうぞ。


>>最短1分で引越料金の相場が分かる!

 

【関連】

⇒ 自衛隊の転勤手当について。我が家の場合…

⇒ 官舎退去費用について