私の父親が今年70歳で古希になったので、節目のお祝いとして旅行をプレゼントしました。

行き先は秘境の地である我が家です(笑)

 

一年ぶりに孫の顔を見れるとあって、両親そろって楽しみにしてたようです。

 

飛行機とバスを乗り継いで5時間…

最寄りの駅まで娘を連れて迎えに行きましたが、両親の顔を見た瞬間にギャン泣き(^^)

我が家に到着するまでず~っと泣いてました。

娘は年輩の男性が苦手な様子です。

 

滞在期間は1週間だったので、近辺の観光地を沢山周ってきました。

よくもまぁこんなに観光するところがあるものだと私も驚きました。

 

現在我が家のある場所は四方を山に囲まれているのですが、

ちょっと車で走れば温泉やら港やら湖やらと、楽しいところが沢山あります。

 

少しずつ両親に慣れていった娘ですが、

初めのうちは父親が同じ食卓に着くだけでも大泣きしてたので

父親は別の部屋で一人隠れるという不憫な結果に(笑)

滞在期間も終わり、帰るときになってようやく笑顔で近寄っていくようになりました。

 

そして私は母親に家事のダメだしを沢山されました。

子供がいるから仕方ないと手抜きの言い訳をしましたが

「怠け癖がつくからしっかりやりなさい」と指導されて口喧嘩に発展(笑)

 

母娘っていうのはいつでもこんな感じなんでしょうね。

きっと私も歳をとって孫が出来たら娘に同じことを言うのでしょう。

 

 

そして今回一番大変だったのは、旦那。

仕事から帰宅したら嫁の両親がそろって待っている状態。

「帰宅しても休んだ気がしなかった」と言ってました。

今回は凄く気を遣わせてしまったので、旦那にはすごく感謝しています。