自衛官の妻が扶養を抜けるタイミングって悩みますよね。

パート・アルバイトの場合は、ある程度他の共済組合と一緒で調べれば直ぐ分るのですが…。

 

私の場合は個人事業主で扶養内。

 

もしも年収から経費を引いた金額が130万円以上だったら?

いつ、どのタイミングで扶養を抜けなくちゃならないの?

給与所得者は今後の見通しや、過去12か月の収入を見て扶養の認定を受けるらしいけど

自営業者はこの先ずっと安定した収入じゃないし、

むしろ経費がかかりすぎて赤字になる月もあるのに…。

 

もしかして遡って医療費や扶養手当の返還をしなくちゃいけないのかしら…

 

などなど、色々頭を巡って眠れなくなります(笑)

しかも現在、私は二人目妊娠中で7か月です。

このタイミングで扶養を抜けることになり、国民健康保険になったら手続きが大変!(ここ重要)

 

というわけで直接、駐屯地の厚生課短期係に電話で確認しました。

 

扶養の条件は厚生課短期係に確認しよう

さっそく駐屯地の代表電話番号に電話をかけました。

 

私「もしもし、厚生課の短期係をお願いします」

相手「少々お待ちください。」

短期係「電話かわりました。短期係です」

私「扶養の条件について確認したいのですが…」

 

こんな感じで普通に電話しても大丈夫でした。優しく教えてくれました。

 

給与所得者の収入期間はいつからいつまで?

給与所得者の場合は、過去遡って12か月の年収を見られたり、

収入が不安定な場合は3か月平均が108,333円かどうかをみられたり、

年収が130万円を超えた最初の月で扶養を抜けたりと色々です。

詳細⇒自衛隊の妻が扶養を抜ける例(個人事業主)

自営業者の収入期間はいつからいつまで?

では、自営業者(個人事業主)の場合はいつからいつまでの収入で判断されるのか…。

結論から言えば、1月~12月までの収入で見ます。

だから、極端に言えば昨年7月~12月の所得が100万で、

今年1月~6月の所得が50万で、過去12か月の所得が150万でも大丈夫というわけです。

 

もしも途中で130万越えが確実となったら?

私も9月現在で頭を悩ませているのですが、

12月を待たずに来月いきなり130万円を超えてしまったら!?

すぐにでも扶養を抜けないといけないのか!?

だとしたらどのタイミングで?今年3月の確定申告の日付で?それとも現在の日付で?

 

結論を言えば、来年3月の確定申告時まで扶養内でOKです。

 

自営業者は確定申告で収入や経費をはっきりさせないと、税金の計算もできないので、

扶養認定も確定申告をはっきりさせた後になるというわけです。

 

扶養内でいたければ年末に調整しよう

どうしても扶養内がいい!という人であれば、年末に経費を使って所得を調整することも可能です。

防衛省共済組合で認定される経費については下記の記事で紹介しています。

自衛官の妻が扶養内で仕事する際の【130万・103万】について

 

ちなみに、仕事内容によって認定される経費は違いますので、

不安な方は最低でも下半期くらいまでには厚生課の短期係に確認をしてみましょう。

 

私は今年末に出産で、来年もバリバリまともに働ける保障がないので

来年3月の確定申告で所得130万以下で申告して、来年度1年間も扶養内で働きたいです。

来年1年間でフルタイム並みの収入が見込めるようになったら、

再来年の確定申告日をもって扶養を外れます。

 

関連記事

自衛隊の妻が扶養を抜ける例(個人事業主)

自衛官の妻が扶養内で仕事する際の【130万・103万】について

扶養を抜ける条件が良くわからない…