nidukuri

春と夏は引っ越しシーズンですね。

官舎の敷地内に引越し屋の車が見積もりの為に出入りしてるのを見ると、ひしひしと感じます。

現在、我が家が住んでいる官舎は比較的入れ替わりが激しい方なので、

同じ階段だけでも3世帯が引っ越しの予定です。

 

さてさて、官舎の退去となると面倒なのが「掃除・クリーニング」ですが…

現在、我が家の官舎では退去時のクリーニングは「業者依頼」となっています。

 

なんでもクリーニングの公平性を保つためなんだとか…。

確かに、キッチリやる人とやらない人と、色々ありますからね、それなら公平に業者に頼んだ方がトラブルにはならいないでしょう。

 

ネットで官舎退去時のクリーニング清掃について調べてみると

退去者が責任をもって行うというところもあるようです。

 

壁のペンキの塗り替え、網戸の張替…などなど

素人では難しい作業も奥さんが大変な思いをして清掃をする…なんてこともあるんだとか。

一昔前はそういった決まりが多かったのでしょうね。

 

ちなみに前に住んでいた官舎も退去時は自衛隊指定の業者にお任せでした。

費用は約3万円ほど。(畳の交換費用は除く)

詳細:官舎の退去費用について

 

引っ越し後に出たホコリやゴミを掃除機で掃除しようとしたら

立ち合いの自衛官に「奥さん、そんなことしなくて良いんですよ」と言われました。

 

お金はかかるけど、手間のかかることは業者に任せる。

これが一番いいのかもしれませんね。

 

お金に余裕があればね!

 

というわけで、私は転属してからの3年間、

広域移動手当毎月コツコツと退去費用を貯金してまいりました。

自衛隊の転勤手当について。我が家の場合…

 

退去費用に20万かかり、引っ越し代金から足が出て自腹をきったとしても、クリーニング代は捻出できるようになっています。

きっと引っ越しでの持ち出しは、30万~40万円くらい用意してあると足りると思います。