その日も仕事の終りに二人でご飯を食べに行ってました。

一方的に私がおしゃべりする感じで、楽しくお食事して、さぁ帰ろうか!

ってとき、ソレはやってきた。

お店を出てちょっと歩いて…

「あのさ、真面目な話なんだけどさ……」

と、落ち着かない様子の彼。

「うん、なに?」

あぁ、これはくるのかな?…と内心ちょっとドキドキしながら待ってみる。

「……付き合って、ください!」

ついに正面きって言われてしまった。

なんとなく予想はしていたけど、いざ言われるとポカーンとなってしまう私。

彼のことは嫌いじゃない。むしろ好印象。

だけど、私が言った言葉は…

「ごめんなさい、友達からでも良いですか」

そのときの彼の(´・ω・`)シュン…という顔は今でも忘れない。

頑張って言ってくれたんだろうなぁ。

私の中で彼は「可愛い、面白い」であって、好きという感情はまだまだ育っていなかった。

半分泣きそうな顔で空を仰ぐ彼を見たら、ものすごく罪悪感が沸いてきた。

そして、お互い「じゃあまたね」と言ってわかれると、

なにやら後ろから彼が走ってくるではないですか。

何か言われるのかと思い緊張する私。

「これ、あげる」

そう言って彼は何かを差し出した。

ディズニーの某リスのキーホルダーでした。

どうやら私と待ち合わせする前にゲーセンで獲得したらしい。

…というか、男の人がこんなの自分から獲るわけがないから、私にあげるために獲ったのがバレバレである。

……そして再び走り去っていく彼。

……彼の思いを一度断った私ですが、この日を境にグングンと彼のことが気になりだします。

彼の(´・ω・`)シュン

とした顔が夢にまで出てくるほどにね。