彼の真面目な話から数週間。

何度かご飯食べたり、映画見たり・・・。

会うたびに彼をいじるのが面白くなってきました。

毎日メールもしてましたが、基本的に朝と夕方の「一日お疲れ様メール」のみ。

 

「ねぇ、もしかしてメール苦手?」

「…っえ?いや、別に」

 

もしかしてメールするの面倒なタイプなのかと思いまして…

ちょっと確認してみたところ、そういうわけじゃないみたい。

 

「メール好きじゃないなら、あんまり送らない方がいいのかな。

あまりメールの返信こないから迷惑がられてるのかなと思ってさ」

 

と言ってみたところ、彼がびっくりしたような顔でこっちを見てるわけです。

 

「……そうかぁ、そう思うのかぁ。う~ん」

 

どうやら彼は本気でなんとも思っていなかった様子(笑)

まぁ、男の人っぽいので、それはそれで良しとしましょうか。

でもその話をした翌日から彼からのメールの返信数は増えました。

きっと頑張って話の内容を考えながら送ってくれてるんです。

何せ草食男子クンですからね。

そんなこともあり、メールのやりとりやお食事などで、お互い段々とぎこちなさが抜けてきたのです。

そして、一回目の告白から1ヶ月が過ぎた頃、再びそれはやってきた。

 

彼の「真面目な話なんだけど」というフレーズ。

 

「真面目な話、俺と付き合うつもりある?」

 

仕事終りに二人でご飯を食べた帰り道、今度はさりげなく言われました。

あぁ、これが最後なのかなぁと、直感で思いました。

ここでもし「友達」のままで居たいって言ったら、彼がもう会ってくれない気がして、

でも私も付き合うってことを考えたら全然嫌じゃなくて、そしたら自然に言葉が出てました。

 

「いいよ、付き合ってみようか」

 

これで私達は恋人同士、付き合うことになったのです。

 

余談。
この帰り道、二人で並んで帰っていたのですが、ここで乙女心をスルーされる出来事が(笑)

肩がぶつかるくらいの距離で歩いていたのですよ?

肩がぶつかる=手もぶつかる

じゃぁ手を握ったらいいじゃない?

なかなか握ってくれないので、さりげなく指を彼の手の平に当ててみた!

・・・・・・が、結局そのまま二人はお別れとなりました。

頑張れとなりの自衛官!次は手を繋げますように!