ある日、二人で郊外のショッピングモールに出かけたときの話。

色々見て回ってたのですが、私の欲しい物はたくさん見つかるのに、

彼の欲しいものはあまり見つからない・・・。

というか、彼があまり物を欲しがらない…。

服とかカバンとか靴とかさ、そういう物って女の子じゃなくても気になる商品ってあるじゃない?

「もしかして、自分の身の回りのことに興味ないんでしょ?

と、冗談半分でからかってみたら、

「ないね」

と、一言・・・orz

まぁ、あんまりオシャレすぎる男の人も苦手だけどさ、あんまり気にしない男の人もさ・・・。

これは私が彼のためにコーディネイトしてあげるしかない!

でもなぁ、彼のファッションの好みがまだ分からないからなぁ・・・。

とか考えながら歩いてたら、ちょっとした雑貨やでイイ帽子を発見。

「これ似合うと思うよ~」

半ば無理やり彼に帽子をかぶせてみる。

おや・・・・・・?

ちょっと。

なかなか似合うんじゃない・・・・・・?

「けっこう似合ってるよ~」

って褒めてあげたら、まんざらでもなかったのか、そのままお買い上げ。

以降、全てのデートにその帽子を被ってくることになる草食男子くん。

なかなか可愛いやつじゃないか。

次は上着でもチョイスしてあげようかな(笑)