8月にプロポーズをされたわけですが、いつぐらいから結婚しようと思ってくれていたのか…。
なんとなく聞いてみました。

 

彼「う~ん、5月頃からそう思うようになった」

 

5月と言えば災害派遣真っ最中のときですね。被災地に行ったり来たりしてた頃です。
そういうときに私と結婚しようと思ってくれていたのは嬉しいものがあります(´ω`)

 

そして偶然にも私も5月あたりからちょっと心境の変化があったのです。

今までは結婚するとなったら、家のことや、仕事のことや、子育てとか、親族とか、いろいろ私の中で制限がかかっていたのですよ。
例えば結婚するならお婿さんをとらなくちゃ…とかですね。

 

それが3月の震災を目の当たりにして、いろいろ身の回りも落ち着いてきた頃に「一生一度の人生、好きに生きなくて何が楽しいのか」と思うようになったのです。

 

まぁそういう気持ちだったので、8月の彼のプロポーズもすんなり受け入れることができて、今まで自分の中にあった「制限」をぜんぶ取っ払って結婚に向けて準備することができました。

 

3月の震災が無かったら私は彼のプロポーズを断っていたかもしれないので、人生って本当に不思議だなぁと思います。

 

ちなみにプロポーズの日は「終戦記念日」でした(笑)
これなら毎年忘れることはないね!(´・∀・)