式場の方から結婚式の招待状の見本をもらいました。
実際に私たちの名前と新居の住所とかも記載されててリアリティ抜群です。

 

ですが、彼は見本が届くまえに地元に帰ってしまったので、まだ見れていません。
戻ってきてから見るからいいよ~とのことなので、大事に保管しておきます。

…こういうときに「別々に暮らしてると不便だなぁ」って思います。

 

早く一緒に暮らせたらいいね。

……とか乙女チックなこと考えた自分に寒気がした(笑)
結婚は生活だからね。夢ばっかりじゃないからね(`・ω・´)キリッ

 

そして引っ越す前に自室の掃除をしはじめたのですが、すごいたくさんゴミがでました。
捨てられずに取っておいた物とか、昔の文通とか、15年前の年賀状とか…。
全部思い切って捨てたら「あら、すっきり」(・∀・)

 

昔描いてた落書き帳とか恥ずかしいポエム(中2病的な)は黒歴史なので抹消。
嫁に行ったあとに家族に見られたら憤死します。

 

写真もたくさん出てきましたよ。小さいころから成人式のときまで。
引越し先に持っていこうかなぁと悩んだのですが、これは親に残していくことにしました。
新しい世帯になったら、新しいアルバムを作っていけば良いやと思ったので…。

 

いろいろ懐かしんでたら、なんか涙が出てきて「あぁ、私ってちゃんと親に愛されて育てられたんだなぁ」としみじみ思いました。

 

私も結婚したらこういう家庭を築けるといいなぁ……

とまぁ、そんなことを思いながら年末の大掃除をしてました。
っていうか本当に中学生時代のノートとか手帳って黒歴史だよね。
プリクラしかり、卒業アルバムしかり…。