なにやら添付書類が必要だとか、届けを出すにあたって確認しておかなければならない事があったので調べてみることに。

 

彼の本籍地は私たちが今いる場所とは違い、私も本籍地が違います。
本籍地が違うところで婚姻届を出すには「戸籍謄本」が必要のようです。

 

というわけで、彼も私もお互いの「戸籍謄本」を準備しました。

 

…そしてそして。その後面倒なのが私の方です。

新居は駐屯地のある町。

彼はその町に住んでいますが、私は市を跨いで引越ししてきます。
ということで、私は今までの町から「転出届」を申請し、さらに新しい町への「転入届」を出さないといけません。

 

ちなみに「婚姻届」と「転出・転入届」はまったくの別物らしいので、婚姻届を出したからと言って自動的に転出・転入の手続きがとられるかと言うと違うようです。

 

私の場合は、婚姻届→転出届→転入届の順で出すと良いようです。
彼の場合は、婚姻届→転居届でいいみたいですね。

 

で、転入届が受理されたら住民票を貰っておいて、速攻で運転免許の名前と住所変更をしてもらいます。

 

あ~結婚するって手続きめんどくさい(笑)

 

でもこれから彼の転勤についていくときに「転出届・転入届」は何回かすることになりそうなので、今のうちに覚えておきます。

 

ふと思ったんだけど、私はせいぜい隣町くらいの距離から嫁にくるけど、県を跨いで結婚する人は大変だね。
届けを出すのに物凄く時間がかかっちゃいそうだもん。
転勤を機に結婚をするとか、そういう場合は手続きがややこしくて頭が割れそう。