結婚式の衣装、なかなか決まらなかったのですが、最後の最後でよいドレスにめぐり合えました!

私たちは本番はウェディングとカクテルだけにして、前撮りで和装をします。
やっぱり白無垢&色内掛けは一度は着てみたいですからね(^^)

ウエディングドレスですが、最近は肩も背中も出したビスチェタイプが主流なようで、肩紐がついたタイプがなかなか無かったんですよね~。

試着の段階でビスチェタイプに違和感を覚えたので、肩紐や腕を通すドレスも試着してみました。

私のように胸と二の腕がたくましい方(笑)だと肩紐タイプも結構に合うかもしれません。
ダイナミックな体系でも外国の花嫁みたいになって不自然に感じなかったので。

で、結果私は予算的な問題もあり、腕を通すタイプに決めました!
(といっても肩は出ます。)
シンプルですが胸のところに紐リボンがついていて、ちょっと風変わりなところが気に入りました。

そしてカクテルドレスは散々悩んで衣装さんを振り回した挙句、超ゴージャスに見える衣装に決定。
プラン外で別料金なのですが、私があまりにも決めかねていたので割り引いてくれました。
衣装とセットの髪飾りとアクセサリーがついて、「これぞ披露宴!」って感じになります(´∀`)

あ、ちなみに彼の衣装は黒タキシードと、シルバーのタキシードになりました。
なんと、彼の方が花嫁より衣装代高いです(笑)

でも聞くところによると最近は「そういう傾向」らしいです。
私の友人も旦那さんのゴージャスな衣装に合わせてドレスをランクアップしたそうな…。

和装の試着はすんなりいって、一回の試着で決めることができました。
白無垢は蝶々の柄が入ったものにして、色打ちかけはバラと蝶で緑ピンクのものにしました。
そして、文金高島田(いわゆるカツラ)は着けません~(^ω^)

試しにかぶってみたらビックリするぐらい似合わなかったので洋髪にしてもらいました。

衣装が決まってさっぱりしたところですが、まだまだ決めることがたくさんあります。
席次表とか、引き出物とか、ホテルの予約とか、進行内容とか、使用する曲とか、司会者さんとの打ち合わせとか…

それぞれ提出期限が異なるのでカレンダーに書き込まないと頭が追いつかないです。