いやぁ~前撮りが終ったのは結構前なんですけどね、なかなか書く時間がなくて今まで暖めてました(´∀`)

私たちは前撮りで和装を着るということだったので、着物セットを持ってお家を出発しました。

式場のスタジオでの撮影だったので、天気は一切関係なし(笑)

白無垢用にお化粧をしてもらって、髪の毛も「前髪を編みこんで」のリクエストを受け入れていただき、ふだんは絶対つけない「つけま」をつけてもらいました。

ブライダル用のネイルチップも作ってもらっていたので、白無垢に白いネイルチップを合わせて…

そして、出来上がり。

私「(*´∀`*)おいおい、誰だよこれ。別人じゃないか」

彼「(´・∀・`)ミッツ・マングローブみたいだね」

私「(゜д゜;)ミッツ…」

彼は素直なんです(笑)

まぁ確かに化粧は濃いめなので、前髪あげたらミッツになってましたが。

私が着付けてもらっている間に、彼も紋付袴姿に変身してました。

これがなかなか似合っていたのですよ。
ビシっとした感じで男の人っぽかったです(´∀`)

衣装さんに連れられてスタジオまで案内されたあとは、写真屋さんとの真剣勝負です。
写真屋さんが納得のいくポーズになるまで、色々と指示を出されます。

写「お嫁さん、もうちょっと顔をこっちに向けて、体は反対側向けて」

私「(´д`;)む、むずいよ」

写「新郎さん、肩下げて。あと表情硬いよ!笑って」

彼「(´∀`;)ニ…ニヤ!」

写真屋さんは私たちの姿勢や指先の向きまで、ひとつも妥協しません。
小物を使った撮影も、紐の垂具合や着物の裾の開き具合まで、細かいところも全部セッティングしてくれました。

そうして白無垢の撮影が終わりそうなときに私の母がスタジオに登場。

本番は和装をしないので前撮りのときでも見せてあげたくて呼んでいたんです。

なんとか間に合ってきてくれて本当によかったです。

そのままスタジオで色内掛けに着替えて、化粧も多少変化をもたせて、また撮影に入ります。

再び写真屋さんと真剣勝負へ…

小道具で真っ赤な日本傘を一緒にさして撮りました。
この写真が物凄く良く撮れていたので、当日のウェルカムボードにしてもらうことに。

そうしてやっと和装の前撮りが終了です。
このままドレスの衣装チェンジになります。

重い着物を引きずりながら、再び衣装部屋へ戻ります。

うすうす気付いていたけど、着物って物凄く重い。

コレをきて動き回るなんて本当に大変です。
着物だけで体力かなり使った気がしたので、前撮りだけでよかったと思いました。

着物の帯ほどいたとき、なんともいえない爽快感で「ホっ」としました。

そして次はいよいよウエディングドレスに着替えますよ!

続く…