ある日のこと、いとこのお姉さんからメールがきました。

『えり緒の旦那さんは自衛隊だよね?うちの長男が進路で自衛隊も考えてるんだけど、一般曹候補生と自衛官候補生って何が違うの?』

……え、何その呪文?

イッパンコウホセイ?ジエイカンコウホセイ?

さっそく彼に聞いてみることに。

彼「(´・д・)あー、細かいことは俺もよく把握してないから明日職場で聞いてくる」

彼が言うには、陸曹になるのが「一般曹候補生」

任期制というのが「自衛官候補生」というらしいです。

でも入隊するときはみんな一緒の階級からなんだとか。

え、…それって何が違うの?

私「(・д・`)自衛官候補生の人は陸曹にならないってこと?」

彼「(´・д・)いや、陸曹になる試験に合格すればなれるよ」

私「(・д・`)…それって一般曹候補生と同じじゃないの??」

彼「(´・д・)だからね、うまく説明できないから明日職場で聞いてくるって」

彼も採用試験を受けたはずなのになぜ違いがわからないんだー!(`Д´)

…と思ったのですが、どうやら彼が入隊したときとは制度が変わっているらしいのです。

彼のときには「自衛官候補生」ではなく「一般2士」とかいう呼び方だったようです。

そして翌日、自衛隊のパンフレットを持ってきてくれました。

私「わ~(´∀`)飛行機だー、戦車だー、船だー」

彼「それに一般曹候補生と自衛官候補生の説明が載ってるよ」

ページをぺらぺらめくってみましたが、難しい単語ばかりでよく分かりません。

こりゃ一般人にはわからんよ。

ってなわけで、パンフレットを見ながら人に教える用にまとめてみました。

【自衛隊の階級】低い順

2士

1士

士長

↑ここまでが任期制(陸自は2年、海自・空自は3年)

↓ここから定年までいれる隊員

3曹

2曹

1曹

曹長

↓ここから幹部隊員

3尉

2尉

1尉

3佐

2佐

1佐

 

【一般曹候補生】(定年までいれる)

採用試験を合格したら2士から入隊。その後、選抜で陸曹になれる。

陸曹になってから数年して、幹部候補生試験に合格すると幹部になれる。

 

【自衛官候補生】(任期制)

採用試験を合格したら2士から入隊。その後、陸曹候補生試験に合格すると陸曹になれる。

任期の更新は最近だと最大3回くらい。そのあとは退職となる。

 

 

…合っているのだろうか(´∀`;)

彼に確認してもらったら、「まぁ、だいたいそんな感じ」と言われたので、この内容を教えてあげました。

いとこのお姉さんから『わかりやすい!ありがとう!』と返信をもらったので良しとします。

 

パンフレットにはその他にも色んな入隊方法が紹介されていて、自衛隊の大学や高校があったり、パイロットになるための採用試験があったり、医大や看護師の学校?があったり夢が色々でした(´∀`)

いとこの長男くんは何になりたいんだろ?

 

パンフレット送ってあげたほうがいいのかなぁ?と、考えましたが…パンフレット分かり辛いしなぁ(笑)と思いとどまりました。

 

でもパンフレットの後ろの方に「自衛隊地方協力本部」という、自衛隊の説明を色々してくれる場所があると書いてあったので、そのことを合わせて教えてあげました。

いやぁ自衛隊って色々種類があって大変ね。

またひとつ勉強になったわ。