彼の駐屯地の解放デーに行ってきましたー!

朝9時からとのことだったので、気合入れて9時前には駐屯地の中に入りました。

そしたら意外にも皆さんもっと早く来てらっしゃるのね(笑)

職場の方から「ご家族の皆様へ」っていう手紙を貰ったのですが、どうやら家族控え室なるものがあるらしく、「お菓子とかジュースとか写真とかいっぱいあるよー」とのことでした。

建物の中に入ると、制服やら迷彩服やらを着た人がいっぱい歩いてて、かなり緊張。

控え室はこじんまりとした感じでしたが、災害派遣の様子やら、自衛官募集のパンフレットやらがたくさん。

写真の中に彼がいないかと探してみましたが、……いませんでした\(^o^)/

っていうか、誰が誰だかさっぱりわからん!皆マスクしてるから顔の判別が難しい。

すると、傍に置いてあった隊内で発行している活動録を発見!

いろんな人の名前が書いてあって、どうやら表彰された人や人事往来の記録が書かれてました。

そしてじっくりと見ていくと、最後の方に「結婚おめでとうございます!○○・えり緒」っていう文字が!

(*´・ω・`)そうか、こうやって結婚した人をお知らせしてるのね。

何枚か刷ってあったので記念に1枚にもらってきました。

大事に取っておいて、あとでアルバムに貼り付けようと思います。

すると彼が控え室に現れました。

彼「えり緒ここにいたんだ?電話繋がらなかったから探したよ」

前もって集合場所を決めていなかった適当夫婦です。

というか、彼が仕事なわけだから、一緒に歩き回るという発想がなかった\(^o^)/

彼の当日のお仕事は色々と動き回って大変らしいので、案の定、少しだけ会話して直ぐにいなくなりました。

そして式典の時間になったのでいそいそとグランドへ!

長~い入場行進に続き、長~い挨拶に続き、長~い電報の紹介があり、途中で寝てた気がします(笑)

ごっつい車で偉い人が敬礼して通り過ぎたのですが、私たちの結婚式で祝辞をしてくれた方も居て、「すごい偉い人に祝辞してもらったのね~」と、ちょっとびびりました。

あと駐屯地で持っている車両?の紹介の為なのか、グランドを次々と走ってくるトラックやトラックやトラック(笑)

(いや、アナウンスで紹介はしてくれるんだけど、素人には見た目全部トラックでした)

で、最後のほうに戦車が「ドドーー!」と走り去っていきました。

マニアっぽい人たちから「おお(・∀・)」みたいな声が聞こえました。

そして、そのまま模擬訓練に突入です。

レンジャーの人がヘリから降りてきたり、戦車が空砲撃ったり、煙が上がったり、なんか色々凄かった。

全部初めての経験だったので、戦車の大砲の音があんなに振動くるものだと思いませんでした。

「大きな音がするので耳を塞いでください」と言われたので、耳を塞いでましたが、

それよりも体を突き抜ける衝撃のほうが強かったです。

心臓の弱い方は要注意。まじで。

その後にバイクの運転…じゃなくて、操縦してるのを見たり、彼があちこち動き回ってるのをコッソリ写真に撮ったりと、なかなか楽しい時間を過ごすことができました。

ちなみに屋台も出てましたよ。

隊員の人がやってるのかな?元気良かったです。なんか文化祭のノリでした。

あと郵便局の人が自衛隊とコラボしたハガキや切手を売ってました。

きっとマニアにはこういうのも堪らないんでしょうな~

お昼頃からはチビっこたちに人気の「戦車試乗」があるらしく、物凄い行列ができてました。

私も乗ってみたいけど、大の大人が1人で乗るのも恥ずかしいし…

子供をつれた親御さんは一緒に乗ってたけどね。

お昼を過ぎたあたりで彼と再び合流し、職場の中を案内してくれるとのことだったので色々見せてもらいました。

彼がいつも勤務している部屋や、部隊の人がいる部屋や、同僚がいる所へやら…

彼「あ。これがうちの嫁です」

私「いつもお世話になってます。よろしくお願いします」

てな感じで挨拶周りをしてきました。前もって教えてくれたら差し入れ持ってきたのになぁと、ちょっと恥ずかしくなったり。

そんな感じで一日が終り、私は一足先にお家に帰りました。

彼は後片付けやらで帰宅したのは6時過ぎ。

屋台で売れ残ったであろう食べ物をお土産で持ってきてました。

二人で食べる分には多いので、冷凍していつか再調理します。

いやぁ食費が浮いて助かりますな(笑)

(もしかして買取だったのかな?)